寺倉ハピネス接骨院

予約優先00533-67-5408 お問い合わせはこちら
MENU

腰部脊柱管狭窄症

こんにちは!
寺倉ハピネス接骨院の中村です。

本日は「腰部脊柱管狭窄症」についてご紹介させていただきます。

脊柱管狭窄症とは、
背骨の中を通る神経の通り道が骨や靭帯の何らかの原因で圧迫をすることで、
脊柱管(神経の通り道)が狭くなる病気の事を言います。

原因
腰部脊柱管狭窄症の多くは、加齢に伴うことがほとんどです。
背骨・椎間板・靭帯の変性により発症します。
その他に、、、
・姿勢が悪い方
・重い荷物を持つ仕事をしている方
・長時間座っていることが多い方
・スポーツ等で腰回りを捻ることが多い方
上記に当てはまる方でも腰部脊柱管狭窄症になる可能性がございます。

傾向
50歳代~70歳代の方に多く発症する傾向があります。

症状
主な症状として、腰の痛みと足のしびれが症状となります。

特徴的な症状として、間欠性跛行がみられます。
間欠性跛行とは歩いている際、徐々に足に痛みやしびれを感じ長時間歩くことができなくなります。
少し休憩をとると痛みやしびれが引き再度歩くことが可能になる状態を言います。
(注意点)
他の病気でも間欠性跛行がみられる場合があるので見分ける必要がある。

施術方法
接骨院での治療法は保存療法となり完治は難しいものとなります。
しかし、症状の軽減や状態維持は可能です。

姿勢不良や筋肉の硬さを取り除くことで神経の圧迫の負担を軽減できます。
骨盤・姿勢矯正や特殊電気治療、手技療法を使い症状が軽減するよう治療します。

今回は、腰部脊柱管狭窄症について簡単にご紹介いたしました。
もっと詳しく聞きたいよ!や他症状でお困りの方がいらっしゃいましたらお気軽に
下記のお電話番号からご相談ください。

寺倉ハピネス接骨院
愛知県蒲郡市緑町8-15
電話:0533-67-5408

カテゴリー: インフォメーション   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市・安城市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、増強させる最善の方法だと考えています。

■寺倉ハピネス接骨院 ■刈谷ハピネス接骨院
■岡崎北ハピネス接骨院 ■岡崎ハピネス鍼灸接骨院 ■安城ハピネス接骨院
■名古屋ハピネス鍼灸接骨院丸の内   ■名古屋ハピネス鍼灸接骨院名駅

ページの先頭へ