寺倉ハピネス接骨院

予約優先00533-67-5408 お問い合わせはこちら
MENU

梨状筋症候群

本日は「梨状筋(りじょうきん)症候群」
についてお話しいたします。

はじめに
お尻から足に向かう神経は、梨状筋という筋肉とのトンネルを通ります。

この筋肉は通常柔らかいのですが、負担がかかって硬くなってしまうと、神経を圧迫して、おしりに痛みを起こしたり、神経症状(しびれ)がでてきます。

その影響を受ける神経が人体の中で、
最大の直径と長さをもつ末梢神経の坐骨神経です。

上記のような筋肉による圧迫で起こる病態の
ものを梨状筋症候群といいます。

症状
おしりの外側あたりに痛みがあり、
太ももの後面にかけてしびれがでることもあります。

症状の特徴として

長い時間座っていると症状は強くなり、
歩くと楽になります。

草むしりなどの中腰
ゴルフなどスポーツ
長時間の運転等の梨状筋に負担のかかる
ようなことで起こりやすいのです。

検査方法
梨状筋はお尻の筋肉の深い部分にあり、通常は触ることができませんが、梨状筋症候群になった時はコリコリと触れ、同部に痛みを伴うため判断できます。

体の動きからも調べることができます。
膝を伸ばしたままで足を真っ直ぐ、あるいは内側に上げたときに、痛みやしびれが出ると陽性です。

注意点
類似した症状で「腰椎の椎間板ヘルニア」があります。レントゲンやMRI等で画像診断して、椎間板の異常やヘルニアの症状が出ないかを調べると確実です。

治療方法やケア

梨状筋のストレッチが有効です。

症状が強い場合には、ブロック注射(皮膚の上から梨状筋へ痛み止めや麻酔薬を注射をする治療)が効果的です。

このような治療で効果が乏しい場合には、
手術を行うこともありますが、手術に至るパターンは珍しいです。

接骨院での治療では
手技や指圧で殿部の筋肉を緩めることが中心です。

しかし梨状筋自体が深い位置にある筋肉ですので、手技や指圧が届かないこともあります。

殿部の深部の筋肉を刺激して、
筋緊張を緩和できる特殊電気の「ハイボルテージ」やダイレクトに梨状筋を狙う「鍼灸治療」が有効です!

また、再発を予防するために上記の治療に合わせて…

骨格を調整して梨状筋にかかる負担を減らす目的で「骨盤矯正」をしたり

殿部の筋肉に柔軟性としなやかな強さを持った筋肉に鍛え上げる「楽トレ」などを合わせることもあります!

状態と目的に合わせて治療できますので
お困りの方は是非ご相談くださいませ。

お問い合わせはこちら

寺倉ハピネス接骨院
愛知県蒲郡市緑町8-15
電話:0533-67-5408

カテゴリー: インフォメーション   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市・安城市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、増強させる最善の方法だと考えています。

■寺倉ハピネス接骨院 ■刈谷ハピネス接骨院
■岡崎北ハピネス接骨院 ■岡崎ハピネス鍼灸接骨院 ■安城ハピネス接骨院
■名古屋ハピネス鍼灸接骨院丸の内   ■名古屋ハピネス鍼灸接骨院名駅

ページの先頭へ