寺倉ハピネス接骨院

予約優先 0533-67-5408

腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・骨盤矯正・鍼灸施術・交通事故外来

蒲郡交通事故治療 ナンバー1 顎関節症

顎関節症とは

「あごが痛い」

「口が開かない」

「カクカク音がして痛い」

こんな症状はありませんか?

あなたの顎(がく)関節の自己チェック法

 

口を大きく開いたとき,人差し指から薬指を並べた3本指を縦にして入りますか?
1.すっと入る 2.ほぼ問題ない 3.どちらともいえない 4.やや困難 5.全く入らない)

1.       口を大きく開け閉めした時,あごの痛みがありますか?
1.全くない 2.たまにある 3.どちらともいえない 4.しばしばある 5.いつもある)

2.       口を大きく開いたとき,まっすぐに開きますか?
1.いつもまっすぐ 2.たまに曲がる 3.どちらともいえない 4.しばしば曲がる 5.いつも曲がる)

3.       干し肉,するめ,タコなど硬いものを食べるとあごや顔が痛みますか?
1.痛まない 2.たまに痛む 3.どちらともいえない 4.しばしば痛む 5.いつも痛む)

顎関節症の代表的な症状は,「あごが痛む(顎関節痛)」,「口が開かない(開口障害)」.「あごを動かすと音がする(顎関節雑音)」の三つで,このうち一つ以上の症状があり,鑑別診断で他の疾患がない病態を「顎関節症」といいます.

あごの関節の病気で最も多いのは顎関節症です.しかし,同じような症状を示す病気(滑膜性骨・軟骨腫症,咀嚼筋腱・腱膜過形成症,顎関節強直症,口腔癌・咽頭癌の咀嚼筋進展,智歯周囲炎,顎周囲炎,発作性神経痛など)も多くあります.鑑別診断と治療のためにはMRI検査が必要なことがあります

 

顎関節は手足の関節と同じような基本構造を持っていますが,異なる面も多くあります.顎関節は頭の骨(側頭骨)のくぼみ(下顎窩)に下あごの上先端の骨(下顎頭)が入り込む構造で,その間にクッションの役割をする関節円板という組織が挟み込まれています(図2).

 

関節円板はコラーゲンと呼ばれる線維のかたまりで,血管や神経がありません.開口時には下顎頭が下顎窩からさらに前に出るように動きます.また,閉口時には,下顎頭が下顎窩にはまりこみます.この動きは,四肢の関節にはない関節の動きです.この時,関節円板が,下顎頭と協調して開口時には前に移動したり,閉口時には後ろに戻ったりします.これは大きく口を開けて,食物を口に入れ,噛みつぶしていくとき,下顎頭を介して,側頭骨に力が過大にかからないように関節円板が協調して移動することにより,圧力を分散させる仕組みになっているからです.

関節円板は下顎頭の外側と内側にしっかりと付着していますが,前後方向の付着が緩いため,大きな力が持続的に顎関節に加わると,関節円板にズレ(転位)の生じることがあります.このズレの92%は前方で,8%が内外の側方,ごくまれに後方にも生じます.また,閉口時に関節円板にズレがあっても,最大開口時にはこのズレが戻る場合と,戻らない場合とがあります.戻る場合には開口時と閉口時に「カックン」と関節音がします.また,戻らない場合には,急性期には「口が開けられない」,「口を開けると耳の前が,とても痛い」などの症状がみられます

カテゴリー: インフォメーション | 蒲郡交通事故治療 ナンバー1 顎関節症 はコメントを受け付けていません。

【知らないと損する&知って得するストレッチ】蒲郡市の接骨院ハピネスグループ

こんにちは、ハピネスグループ治療スタッフの矢藤です!

『知らなきゃ損するストレッチ、知って得するストレッチ』
今日は日常で使い分けできる3つのストレッチの種類についてお話いたします

まず、知らなきゃ損するストレッチ!

【①スタティックストレッチ】
スタティックストレッチは、静的ストレッチという意味で、反動や弾みをつけずに、ゆっくりと筋肉を伸ばしていくストレッチです。
スタティックストレッチは、ジワジワと筋肉を伸ばして緊張をほぐすのが目的ですので、運動後のクールダウンや夜風呂上りにやるものなどに適しています。

【②ダイナミックストレッチ】
ダイナミックストレッチは、動的ストレッチという意味で、動きの中でいろいろな方向に動かすことで関節の可動域を広げるストレッチ方法です。
ダイナミックストレッチは、関節周りの筋肉の動きを潤滑にするのが目的ですので、運動前のウォーミングアップなどに適しています。

このふたつのストレッチは使い時を間違えてしまうと目的にあっていない効果が出てしまう事があるので注意しましょう!

そして知って得するストレッチはこちら!

【③PNFストレッチ】
PNFストレッチは抵抗運動を組み合わせたストレッチで、スポーツ選手のコンディショニング法として広く使われています。
神経のコントロールを使って筋肉をゆるめていく方法です。
筋肉は強く力を発揮した直後はリラックスする特性があり、PNFストレッチはこの特性を利用しています。

5秒間筋肉を運動せたら、2秒間は力を抜いてリラックスし、次の2秒間で筋肉をストレッチします。
PNFストレッチは通常のストレッチをするよりも神経を刺激してくれたり、ストレッチによる運動効果も高いという特徴があります。

こちらはスポーツやリハビリ様々な場面で多く使われています。
即効性がありますのでぜひ試して頂きたいと思います。

カテゴリー: 動画 | 【知らないと損する&知って得するストレッチ】蒲郡市の接骨院ハピネスグループ はコメントを受け付けていません。

蒲郡 口コミNo.1 野球肘

こんにちは!寺倉ハピネス接骨院施術スタッフ 生子です!
W杯が始まりましたね!4年に一度のお祭りなのでぜひ楽しみたいところなのですが、
開催国がロシアなので毎日夜更かししないと見れないのが残念です。( ;∀;)
日本戦は観やすい時間に配慮してくれているので日本戦だけでも応援したいと思います(^^♪
今回のお題は野球肘についてです。
野球肘とは
ジュニア期の野球投手に多く発生する投球過多、オーバーユースに起因する肘の代表的スポーツ障害。
主な原因は
上記にもあるように成長期にボールを投げすぎることによって生じることが多い。
肘の外側で骨同士がぶつかって、骨・軟骨が剥がれ痛みが生じる。
また、肘の内側では靱帯・腱・軟骨が、肘の後方でも骨・軟骨が痛む。
主な症状は
肘内側の圧痛、腫れ、投球時の肘の痛み、肘の可動域制限が主になり、
時には小指側のしびれ、肘外側の痛み、ロッキング症状等も出現します。
治療法は
投球の中止が重要で、肘の安静が大切。また、投球後のアイシングを徹底する。
骨変化が認められる場合は、3ヵ月以上のスローイング動作の休止が必要。
骨に変化をきたしている場合は、最低1年のフォローアップが必要。
痛みを我慢して投球を続けていると障害が悪化して、症状によっては手術が必要になることもある。
腕周辺での痛みや動きの制限でお悩みの方、ぜひ来院してください。全力で対応させていただきます。

それでは皆様、今日も良い一日をお過ごしください。

蒲郡 ナンバー1の接骨院を目指して。体のお悩みなんでもご相談ください。
交通事故専門治療院でもある寺倉ハピネス接骨院は26年の治療実績があります。

寺倉ハピネス接骨院 HP http://terakuranori.com
交通事故治療ナビ http://koutsujiko-navi.com/

蒲郡 原因 むち打ち 交通事故 保険会社 慰謝料 示談 対処方法 弁護士 痛み
後遺症 肩こり 腰痛 首の痛み ストレートネック 五十肩 肘の痛み 腱鞘炎
分離症 ヘルニア 狭窄症 しびれ 膝の痛み 変形 足首 捻挫 指の痛み 足の裏

カテゴリー: インフォメーション | 蒲郡 口コミNo.1 野球肘 はコメントを受け付けていません。

【道具不要!自宅でできる骨盤矯正とは?】蒲郡市の接骨院ハピネスグループ

こんにちは!
ハピネスグループ施術スタッフの神谷明日哉です。

今回、私が紹介するのが姿勢の中で1番大事になる骨盤に関してお話しします。
骨盤矯正という言葉をお聞きになったことがあると思います。
もしかしたら、やったことのある方もおられるかもしれません。
接骨院や整体に行かないと出来ないと思っている方もおられるでしょう。

簡単に骨盤矯正が自宅で出来ちゃうんです。
びっくりしますよ!

まず、立った状態から身体を前に倒しましょう。
手が足のつま先へ近づけていきます。

この際に、後ろから見ると骨盤が傾いているのがわかります。
わからない方は家族の方に聞くのもいいでしょう。

右上がりになっている方であれば、左足を半歩前に出して、先程と同様、身体を前に倒していきます。
左上がりになっている方であれば、右足を半歩前に出して、先程と同様、身体を前に倒していきます。

これを15秒から20秒を行なって下さい。
自宅で簡単、骨盤ストレッチ是非やってみてください。

カテゴリー: 動画 | 【道具不要!自宅でできる骨盤矯正とは?】蒲郡市の接骨院ハピネスグループ はコメントを受け付けていません。

【二の腕にピンポイントに効くトレーニング】蒲郡市の接骨院ハピネスグループ

皆さんこんにちは!
今回のトレーニングは上半身の中でも腕に注目をしたトレーニング方法をお伝え致します。

このトレーニングには、機材がないと出来ない、重りがないと出来ないということはありません。
皆様のご自宅に1つ以上ある物を使って効果的にトレーニングをする方法です。

ある物というのは椅子です!
椅子を持ち上げたりはしません。椅子を台にして、自分の体重を重りに使ってトレーニングをしていきます。

このトレーニングは上腕二頭筋(握り拳)を鍛えるのではなく、その反対側にある上腕三頭筋(二の腕)を鍛えるトレーニングです!
鍛えにくいと言われている上腕三頭筋ですが効率良くトレーニングすることにより簡単に鍛えることができます!

このトレーニングのポイントは肘を曲げたり伸ばしたりする時のテンポは三拍子でどちらも行う事!
あくまでも腰の角度は直角で動かすのは肘だけです!
腰を反ったりすると腰を痛める原因になってしまいます。
なるべくグラグラしない椅子を使いましょう!

たったこれだけの事を守って行って頂ければ大丈夫です!

このトレーニングを1日20回2セットを週に3回行って下さい!
最初はきついと思われるかもしれませんが徐々にきつくなくなってきます、その際は少し回数を増やしてみて下さい。

最後に、トレーニング中に痛みなどが出た場合はすぐに中止をすること。
無理なく行うことが大切です。

カテゴリー: 動画 | 【二の腕にピンポイントに効くトレーニング】蒲郡市の接骨院ハピネスグループ はコメントを受け付けていません。

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院 腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・交通事故外来

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市・安城市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや
気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、
増強させる最善の方法だと考えています。

愛知県内のハピネスグループ

ページの先頭へ