寺倉ハピネス接骨院

予約優先 0533-67-5408

腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・骨盤矯正・鍼灸施術・交通事故外来

【ランナー必見!お手軽股関節ストレッチ】蒲郡市の接骨院ハピネスグループ

みなさんコンニチハ!
ハピネスグループ施術スタッフの夏のゴーヤチャンプルー大好き山本です。

今回は太もものさらに上の股関節前面のストレッチをやってみましょう!

スポーツをする方でなくとも、学生時代の部活動や体育授業で太ももの前の筋肉を伸ばした経験はあるんじゃないでしょうか?
手で足首を持って、膝を曲げるとピーンと伸びるあれです。
そこも大事ですが、そこからもうひとつ上の股関節を通る筋肉も伸ばしちゃいましょう。

ここには骨盤の中から腰を安定させている「腸腰筋」や、股関節の踏ん張りや脚を根元から上げる「大腿直筋」など、ボリュームもパワーも大きな筋肉があります。

方法は簡単、イス1つでOK!
伸ばしたい脚全体を自分の身体より後ろに伸ばすだけ。
この時のポイントは、腰から上、上半身が前のめりにならない事!

ついつい後ろ脚ばかりに意識がいって、上半身が前に丸まるように倒れてしまいがち。
硬い人ほど脚からの筋肉に引っ張られて、前のめりになってしまいます。
脚を下げたら、背筋はピンと美しく!
下を見ても何も良い事はありません。
顔を上げて、キリッと前と明日を見据えましょう。

カテゴリー: 動画 | 【ランナー必見!お手軽股関節ストレッチ】蒲郡市の接骨院ハピネスグループ はコメントを受け付けていません。

【骨盤矯正が無駄になる歩き方に注意!】蒲郡市の接骨院ハピネスグループ

こんにちは。
ハピネスグループ施術スタッフの神谷明日哉です。

今回、私が紹介するのが「骨盤セルフストレッチ 足編」をご紹介致します。

これはどう言うことなのか。
皆さん、骨盤のセルフストレッチはたくさんありますが、人間は2足歩行の生き物です。
ですから、最初に必ず足が着きます。歩き方が悪いから骨盤は歪んでいくんですね。
なので今回は足のストレッチをご紹介致します。

どこが大事なのかは足の中足骨と言われる場所です。
これが固くなる事によってどんどん足の形は悪くなります。

最近の靴は衝撃を吸収しやすく、足の指の筋肉をあまり使わなくてもよいのです。
これによって、足の指の筋肉は弱くなっていきます。

皆さんこんなことありませんか。
・足が疲れやすい。
・足がむくみやすい。
・足が吊りやすい。
・靴の踵が片方削れている。
などです。

この症状に思い当たる方は是非行って下さい。
簡単で家で出来るものになります。
私はよく銭湯に行ってやってます((笑))

足を上下に動かしていきます。
足の指の間に手の指の間を入れてぐるぐる回します。
以上で終わりです。

カテゴリー: 動画 | 【骨盤矯正が無駄になる歩き方に注意!】蒲郡市の接骨院ハピネスグループ はコメントを受け付けていません。

【高負荷腹筋トレで下腹を確実に鍛える】蒲郡市の接骨院ハピネスグループ

皆さんこんにちは!ハピネスグループです!

筋トレの調子はいかがでしょうか?
今回は、普段の腹筋トレーニングにある1つの事を工夫をして、更に効率良く鍛える事が出来るトレーニング方法をご紹介します!

【方法】
① 腹筋する体制になったら両膝を立てます。
② 鍛えたい側の足首をを反対側の太ももに乗せます。
③ この姿勢のまま腹筋を行います。
④ ③を1回行ったら状態を少し浮かせたまま曲げていた股関節を伸ばして次に曲げます。
⑤ ③④を20回繰り返します。

このトレーニングは、腹筋をしながら太ももやおしりも鍛えれるトレーニングです!

【ポイント】
姿勢が崩れてしまうと全く違う筋肉を鍛えてしまう事になるので姿勢を意識しながら行いましょう!

身体に痛みが出た場合は、すぐに中止してください。

カテゴリー: 動画 | 【高負荷腹筋トレで下腹を確実に鍛える】蒲郡市の接骨院ハピネスグループ はコメントを受け付けていません。

【思い立ったらすぐ出来る!こむら返り予防策】蒲郡市の接骨院ハピネスグループ

こんにちは!
名古屋ハピネス鍼灸接骨院丸の内の施術スタッフの横井です!

今回はふくらはぎのストレッチについてご紹介します。

まず、ふくらはぎとは膝から下までの脚の部分で後ろ側に膨らんだ部分を言います。
ふくはらぎがつることを「こむら返り」ともいいます。

ふくらはぎ筋肉は大きく分けて表側に腓腹筋、深い所にヒラメ筋の2種類に分けることができます。
むくむ場合は主は腓腹筋がパンパンに張っていることが多いです。

筋肉の働きとしては、

①腓腹筋 膝の屈曲と足関節の底屈。
大きな瞬発力を発揮するのでダッシュする時に使います。
短距離選手向き。持久力がないので疲労しやすいです。

②ヒラメ筋 足関節の底屈。持久力系筋肉。
立っている時の姿勢維持や長距離を歩く時に使われます。
ふくらはぎは「第2の心臓」とも言われています。

ふくらはぎに流れてきた大量の血液やリンパ液、水分を重力に逆らって心臓へと戻すポンプ作用の働きがあります。
老廃物を流す働きもあります。
長時間座ることがあったり、立っていることが多いとふくらはぎの筋肉は働かなくなってしまうため、圧迫されて血液が滞り、血液や水分が溜まってむくみをおこしてしまいます。
日頃からふくらはぎを動かし、ポンプの働きを良くしておくことが大切です。

思い立った時にすぐにできるストレッチです。

【方法1】
① 椅子に浅く座り、坐骨で座面を捉え、背筋を伸ばして胸を張ります。
② 片方の脚を伸ばしまっすぐな姿勢を保ったまま体をつま先に向かって倒しましょう。この時、膝を伸ばした状態でやるストレッチは腓腹筋をアプローチしています。
③ この時、姿勢が丸み帯びないように保ちながら呼吸をゆっくりしながら姿勢を保ちましょう。可能な人はつま先を掴むような形をとりましょう。
④ もも裏、ふくらはぎ、膝裏にピーんと伸びを感じたら30秒間キープしましょう。
⑤ 左右を変えて同様にやってみましょう。足先まで指が届かない人は無理しない程度にやってみましょう。膝を曲げた状態でやるストレッチはヒラメ筋をアプローチしています。

【方法2】
① 椅子の背もたれ側に真っ直ぐ立ちます。
② 片手を背もたれに添えて反対の手を腰に当てます。
③ 上体を真っ直ぐにしたまま、片足を半歩後ろに下がりましょう。
④ 腰が反らないように呼吸をしながらゆっくり姿勢を保ちましょう
⑤ 後ろに引いた脚の付け根に伸びを感じたらそのまま20秒間キープしましょう。
⑥ 左右の脚を変えて同様に行ってください。

カカトを床から浮かせずに膝を曲げて床に近付けていくことでヒラメ筋と脚のストレッチになります。
ぜひ皆さんもやってみてください!!
ご視聴ありがとうございました!

カテゴリー: 動画 | 【思い立ったらすぐ出来る!こむら返り予防策】蒲郡市の接骨院ハピネスグループ はコメントを受け付けていません。

【くしゃみで肋骨が痛む!?テーピング対策】蒲郡市の接骨院ハピネスグループ

こんにちは
ハピネスグループ施術スタッフ要です。

肋骨の痛みに対するテーピングをご紹介します。
肋骨の痛みに対するテーピング、特に「体側部に起こる痛み」に対し行っていきます。

肋骨に付いてる「肋間筋」という筋を痛めると、咳やくしゃみ、深呼吸などでも痛みが出ます。

仕事中・スポーツ中などにも起こり得る痛みです。
ぜひお試しください。

【用意いただくもの】
50ミリのキネシオテープ、25センチほどの長さにカットしたものを4本用意します。

【テーピング方法】
・筋肉に沿って貼っていく。今回の場合肋骨に沿って貼っていくため少し右下方に向かって貼っていきます。
・痛みのあるところを囲うように上下に2本貼ります。
・先程貼ったテーピングとクロスするように2本貼っていきます。

肋骨を保護し、肋骨の間の筋、肋間筋の動きをサポートしてくれます。
スポーツ中や、動作時に痛みが出る方などはスポーツ前などに貼ることで痛みが出にくくなります。
一人では難しいですが、初めての人でも簡単にできるテーピングなので、ぜひ動画を見ながらご自宅で試してみてください。

また、痛みが強い場合は早めに近くの専門機関に診てもらってください。

最後までご視聴ありがとうございました。

カテゴリー: 動画 | 【くしゃみで肋骨が痛む!?テーピング対策】蒲郡市の接骨院ハピネスグループ はコメントを受け付けていません。

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院 腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・交通事故外来

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市・安城市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや
気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、
増強させる最善の方法だと考えています。

愛知県内のハピネスグループ

ページの先頭へ