寺倉ハピネス接骨院

予約優先00533-67-5408 お問い合わせはこちら
MENU

膝半月板損傷

梅雨も明けて暑い時期がやって気ました。これからは雨も少なくなって外に出られる日が増えてくるでしょうね。学生さんの大会シーズンでもあるこの時期はケガも増えてくる時期です。

そこで今回は膝半月板損傷についてです。

膝半月板損傷とは
 膝関節の中にある衝撃を吸収するクッションのような役割の組織で円形状に外側と内側2枚あります。
 その半月板が何らかの力で傷んでしまった状態を半月板の損傷といいます。

原因
 スポーツや力仕事などで強い力が加わった時
 加齢により半月板の組織が弱くなって繰り返しの負荷がかかった時

 などにより引き起こされます。

症状
 膝の曲げ伸ばしをするときに痛みがでます。
 状態が悪くなってくると
  曲げ伸ばしで引っ掛かりが出る
  関節の中に水(関節水腫)がたまり膝が腫れがでたり、曲げ伸ばしがしにくくなる
  歩行時などの荷重時に痛みが出る(ひどくなると歩けないほどの痛みを感じることもある)

痛みの改善するには
 まずは安静です。半月板に負担がかからないようにしてください
 悪化して炎症してしまっている場合は動いた後にアイシングなどで膝を冷やすことも効果的です
 歪みから体重のかかり方が悪くなっている場合もありますので矯正などをして体重のかかり方を正常にすることも有効です
 

半月板損傷を放置していると、膝関節の変形の原因にもなりますのでしっかりとケアをして悪化しないようにしていくことが大切です。

カテゴリー: インフォメーション | 膝半月板損傷 はコメントを受け付けていません

むち打ち損傷

こんにちは!
寺倉ハピネス接骨院の小屋垣内です。

今回はむち打ちについてご紹介させて頂きます。

むち打ちとは交通事故やスポーツなどで首に強い衝撃が加わって痛みが生じる事があります。しかし、どのようなものかご存知ですか?
交通事故の2,3日経ってから遅れて痛みが生じ、分からずに放置しないようにむち打ちについて知っておくことが重要です。

むち打ちとは頚椎捻挫のひとつで、交通事故で首に強い衝撃が加わった際に起こる症状のことです。首の痛みを想像しがちですが実は他にも症状が現れることがあります。

・首、肩、腕の痛み
・首、肩、腕、手の痺れ
・耳鳴り
・めまい
・吐き気、倦怠感

むち打ちは様々な症状があり痛みの場所、痺れもあり何となく重だるさがあるなど多岐にわたります。

《当院で出来るむち打ちの治療》
・むち打ちを起こした直後の場合、湿布や氷を使いアイシング
・炎症している部位に特殊電気治療を当て炎症や痛みの軽減

むち打ちについてご紹介させて頂きましたがご質問、ご不明な点等ございましたらこちらまでご相談よろしくお願い致します。

寺倉ハピネス接骨院
愛知県蒲郡市緑町8-15
電話:0533-67-5408

カテゴリー: インフォメーション | むち打ち損傷 はコメントを受け付けていません

股関節の痛み

こんにちは!
寺倉ハピネス接骨院の中村です

今回は、股関節の痛みについて書いていきたいと思います。

股関節の痛みは、足の付け根(鼠径部)に感じることが多いです。

また、人によっては太ももの前に痛みを感じる方がいます。

股関節の痛みの原因として多いもの【変形性股関節症】です。

日本人の股関節の痛みの大半がこの変形性股関節症が占めています。

特に日本人女性はこの変形性股関節症になりやすいと言われています。

変形性股関節症とは、名前の通り関節が変形し痛みが出ることを言います。

痛みの程度は変形の度合いにより左右されます。

変形性股関節症の初期症状として、

歩行時にはそれほど痛みはありませんが、動き始めや負荷が加わった時に痛みがある場合

疑った方がよいでしょう。

変形性股関節症の他にも股関節の痛みとして上げられるものがあります。

・リウマチ性股関節症
・大腿骨骨折
・大腿骨頭壊死

等々が上げられます。

後に挙げたものは比較的稀なケースとなります。

今このブログを見て「私そうなんじゃないか」と不安に思っている方がいらっしゃいましたら

かかりつけのお医者さんにご相談してみてください。

当院でも治療することは可能です!

・電気で痛みを和らげてくれるハイボルテージ治療
・骨盤の歪みを直し股関節の負荷を均等にする骨盤矯正治療
・温熱療法で筋肉の弛緩、痛みの緩和ができる体質改善治療

治療の方法は多々ございます。

お悩みの事がございましたらお気軽にご連絡ください。

寺倉ハピネス接骨院
愛知県蒲郡市緑町8-15
電話:0533-67-5408

カテゴリー: インフォメーション | 股関節の痛み はコメントを受け付けていません

鵞足炎

こんにちは
寺倉ハピネス接骨院です。

今回は「鵞足炎」についてお話いたします。

鵞足炎とは骨盤から膝につく4つの筋肉【半腱様筋腱・半膜様筋腱・薄筋腱・縫工筋腱】が付いている膝関節内側に炎症が起こる事により、痛みを生じさせるスポーツ障害のことをいいます。

鵞足炎を招く4つの筋肉は、歩く・走る等の膝を上げた時に最も働く筋肉です。
運動だけでなく、日常的にも常に使われているところになります。

立っている姿勢では常に使っています。

・膝を曲げると痛い
・歩く、しゃがむと痛い
・階段の上り下りが痛い
・運動後、特に膝の曲げ伸ばしが痛い

重度になると
じっとしていても痛みが出ます。

鵞足炎になる原因
・ウォーミングアップ・クールダウン不足
・姿勢不良、使い方の癖
【膝の向き:ニーイントゥーアウト、足の着き方:偏平足 など】
・オーバーワーク(過度な運動)

対策としては
運動する前にウォーミングアップの時間をしっかりと取る事。
また運動が終わったらクールダウンの時間も確保すること。

運動を継続することにより、筋肉の柔軟性はある程度向上していくのですが
ウォーミングアップ不足の冷えた筋肉やクールダウン不足で疲労した筋肉は硬い。
その状態で動きを続けることでかえって痛みなどの症状を強くしてしまう事に繋がります。

きちんとした準備とケアが必要なのです。

また、姿勢不良や足の着き方についても症状の程度によっては行う必要があります。

当院の施術では、筋肉・姿勢両方から治療を行います。
再発予防のための生活指導も行います。

膝の周りの症状、また運動中から症状が出ている方は是非ご相談ください!

寺倉ハピネス接骨院
愛知県蒲郡市緑町8-15
電話:0533-67-5408

カテゴリー: インフォメーション | 鵞足炎 はコメントを受け付けていません

頚椎・腰椎ヘルニア

皆さんこんにちは!
GWも終わり、だんだん暑い日も増えてきましたね。
外に出てスポーツを楽しむ方も増えてきていると思います。
当院でも腰の痛みや首の痛みで来院される方が増えてきました。

そこで今回は頚椎・腰椎ヘルニアについてです。

頚椎・腰椎ヘルニアとは
背骨のクッションとなっている椎間板から飛び出たものが神経を圧迫して
痛み・しびれ・運動能力低下などを引き起こします。

原因
一般的にはクッションの役割をしている椎間板が加齢により
起こると言われています
30代~50代の方に多いといわれています。

症状
しびれ・痛み・動作がしにくくなるなどの症状がでます。
腰椎ヘルニアでは 腰から足にかけて症状が出ることがあります。
頸椎ヘルニアでは 首から背中、腕や手にかけて症状がでることがあります。

予防と対策
基本的には患部(腰もしくは首)の安静です。
頚椎カラー・腰痛バンドのような固定具も有効です。
また、姿勢などの格好で圧迫度合いが変化するので
矯正などでの圧迫しにくい状態にすることも有効になります。

頚椎・腰椎ヘルニアかな?と思われた方はお気軽にご相談ください
寺倉ハピネス接骨院
愛知県蒲郡市緑町8-15
電話:0533-67-5408

カテゴリー: インフォメーション | 頚椎・腰椎ヘルニア はコメントを受け付けていません

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市・安城市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、増強させる最善の方法だと考えています。

■寺倉ハピネス接骨院 ■刈谷ハピネス接骨院
■岡崎北ハピネス接骨院 ■岡崎ハピネス鍼灸接骨院 ■安城ハピネス接骨院
■名古屋ハピネス鍼灸接骨院丸の内   ■名古屋ハピネス鍼灸接骨院名駅

ページの先頭へ