寺倉ハピネス接骨院

予約優先 0533-67-5408

腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・骨盤矯正・鍼灸施術・交通事故外来

蒲郡 口コミNo.1 内臓温度

こんにちは!寺倉ハピネス接骨院施術スタッフ 生子です!

最近は寒くなったり、暑くなったりと気温が安定せずなんともいえない日が続いていますね・・・(-_-;)
こういった時期は風邪をひきやすかったり、疲労がたまりやすかったりあまりいいことがないので体調管理には
気を付けたいものです。

暑いといっても今年の猛暑に比べればだいぶマシなので休日はもう少し外に出る頻度を増やして秋を楽しむくらいの
ポジティブな心を持ちたいと思うようにします。
さて今日のお題は 内臓温度 についてになります。
内臓温度とはそのままに体の中にある内臓の温度のことで深部体温ともいいます。
内臓温度は体表面温度よりやや高い37.2~38度ぐらいが理想であるといわれるが、
この内臓温度が低い人が今の日本には非常に増えてきているそうです。
内臓温度が低いとどうなってしまうのか
内臓や免疫システムの活動が不活発になって、種々の生活習慣病、
感染症などの病気にかかりやすくなり、基礎代謝が落ちて肥満にもなりやすくなります。
これは内臓すべての動きが悪くなるのですから当然ともいえます。
しかしこれは内臓温度を上げることさえできれば
内臓を含めあらゆる器官がフル活動してくれるので、病気のリスクも遠ざかり、痛みや疲れ、倦怠感も解消されることになるのです。
それではどうすれば内臓温度が上がるのか?
内臓温度を上げるというと一見難しいように感じるかもしれませんが実際はそんなに難しいようなことはありません。
まず一つ目は よく寝ることです。
これは睡眠が少ないと自律神経が乱れ、血管を圧迫してしまい体を冷やし体温の低下に繋がってしまうからです。
二つ目は温かいものを飲むことです。
単純ですが内蔵を直接温めることも大切です。温かいお茶ををこまめに飲む、食事に汁物を加えるなど意識的に体を温める物を口にしましょう。
三つ目は運動をすることです。
これが最も重要で、体温を上げるためには筋肉量を上げる必要があります。
筋肉は体内の血液を体中に送り出す「ポンプ」のような役割も持っているため、筋肉を使うほど血行が良くなります。
結果、代謝を上がげることができ体温も上がりやすくなるのです。
冷え性等でお悩みの方、ぜひ来院してください。全力で対応させていただきます。

それでは皆様、今日も良い一日をお過ごしください。
蒲郡 ナンバー1の接骨院を目指して。体のお悩みなんでもご相談ください。
交通事故専門治療院でもある寺倉ハピネス接骨院は26年の治療実績があります。

寺倉ハピネス接骨院 HP https://terakuranori.com
交通事故治療ナビ https://koutsujiko-navi.com/

蒲郡 原因 むち打ち 交通事故 保険会社 慰謝料 示談 対処方法 弁護士 痛み
後遺症 肩こり 腰痛 首の痛み ストレートネック 五十肩 肘の痛み 腱鞘炎
分離症 ヘルニア 狭窄症 しびれ 膝の痛み 変形 足首 捻挫 指の痛み 足の裏

カテゴリー: インフォメーション   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院 腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・交通事故外来

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市・安城市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや
気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、
増強させる最善の方法だと考えています。

愛知県内のハピネスグループ

ページの先頭へ