寺倉ハピネス接骨院

予約優先 0533-67-5408

腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・骨盤矯正・鍼灸施術・交通事故外来

野球肘

野球肘

小学校から中学校にかけて骨の成長期にあたる時期に少年野球を行っている子に多くみられる肘の内側部の痛みです。もちろん、もっと上の高校生やプロ野球選手でも起こることがあります。

野球肘

野球肘(上腕骨内側上顆炎)について

原因

野球肘とは上腕骨(腕の骨)内側上顆という所に多く、前腕の筋肉の付け根が繰り返しの投球により少しづつ引っ張られて筋肉と骨の付け根が徐々に損傷して痛みが発生していきます。
特に成長期は軟骨形成時であり、骨端線というとても弱い骨の部分があり、引っ張られるとすぐ分離してしまいます。
小学校、中学校で痛みが出て放っておいたら治ったなどありますが、完治するまで治療をしないと不完全なままくっついてしまっていて大学、社会人など負荷レベルが高まった時に、肘が痛くなり重度な後遺症が残り競技を続けられなくなります。
痛くないからといって、止めずにしっかりと施術することが必要です。

野球肘の症状

主に肘の内側に痛みがあります。ときに内側は伸張痛があります。
ボールを投げる時に肘が無理な方向に伸ばされて痛みが出ます。
安静時にもズキズキとした痛みがある事もありピキッと痛みが出たりします。

治療初期

Rest(安静)
痛みがあるうちは安静にして患部に負担をかけない様にしましょう。 基本的に投球は禁止です。
Ice(アイシング)
アイシングをして幹部を感覚がなくなるぐらいまで冷やしましょう。
Compression(圧迫)
アイシングのバンテージや包帯で少し圧迫するように巻いていきましょう。
Elevation(挙上)
痛みが強いうちは三角巾などで腕を持ち上げて、重力の負荷を除いて患部を保護しましょう。

早期回復オススメコース

上記の3つのメニューを組み合わせることで早期回復が期待できます!

※保険診療、または自費診療を必ず受診していただく必要があります。

各施術の詳細な料金はこちらをご参考ください

症状別の詳細を見る

  • ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛
  • ランナー膝
  • オスグッド病
  • ジャンパー膝
  • むち打ち症
  • 四十肩・五十肩
  • 肩こり
  • 野球肘
  • シンスプリント
  • テニス肘・腱鞘炎
  • 鼠径部痛症候群

コメントは受け付けていません。

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院 腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・交通事故外来

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市・安城市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや
気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、
増強させる最善の方法だと考えています。

愛知県内のハピネスグループ

ページの先頭へ