寺倉ハピネス接骨院

予約優先 0533-67-5408

腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・骨盤矯正・鍼灸施術・交通事故外来

腰椎すべり症

こんにちは寺倉ハピネス接骨院の拓巳です。春が過ぎてだいぶ熱くなってきましたね。いまからゴールデンウィークになります。連休に向けてしっかりと体を休めていきましょう

「腰椎すべり症」は「腰痛」を引き起こす症状の中で代表的なものです。当サイトでは、現代病とも言える「腰椎すべり症」について、症状、原因、治療法、手術療法、その他自助努力などの対策を、わかりやすく解説しています。

そもそも腰椎すべり症とは、腰椎の部分が慢性的に歪んでしまっている症状をいいます。その歪みですが、ズバリ、腰椎が前方へ滑っている状態のことで、それゆえに、「すべり症」と呼ばれているわけです。

腰椎すべり症は中高年に多い症状ですが、特に激しい痛みが伴わないために、きちんとした治療をしないでそのままにしておくことが多く、このことが慢性化していく原因とも言われています。

腰椎すべり症は、加齢や生活習慣などによって、腰椎を支えている椎間板(ついかんばん)、靭帯、筋肉等が次第に柔軟性を失っていき、やがて、下支えのなくなった腰椎が、主として前方へすべっていく症状です。

一般的に、「痛み」は身体からのサインといわれますが、腰椎すべり症の場合、当然個人差はあるものの、激しい痛みが伴わないことが多いようです。「痛み」というより、もっと漠然とした感覚であって、具体的には、椅子に長く座っていると腰のあたりがしびれた感じがする、最近どうも腰が重い・・・といった自覚症状はあるものの、だからといって、そうした状態が長く続くわけではなく、しばらくするとまた普通に生活できます。

こんな風な状態なので、意を決して医者にかかってみるか・・・といった行動に出ることはどうしても少なくなり、その結果、症状を慢性化させてしまうというわけです。

ちなみに、「腰椎すべり症」=「脊椎すべり症」です。すなわち、上で解説したように、腰椎がすべって脊柱とその中を通る中枢神経を圧迫するのが腰椎すべり症ですが、「脊椎が圧迫される」という視点で見ると、脊椎すべり症となるわけです。

脊椎すべり症と腰椎すべり症は、同じ病気の2つの表現です。

カテゴリー: インフォメーション   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院 腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・交通事故外来

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市・安城市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや
気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、
増強させる最善の方法だと考えています。

愛知県内のハピネスグループ

ページの先頭へ